土曜日、朝から乗艇したかったのですが漕艇通信の原稿書き、FISAツアーの実行委員会(残務整理)などで明るい時間帯を過ごし、夜は同世代の親父3人で三吉でした。日曜日の朝、6:30から乗艇する約束をして宴会を終えて、ラーメンで仕上げてその日のうちに寝たのですが・・・。
日曜日、朝目が覚めたのは6:00、約束の時間に間に合わないので、電話したところ相方も通常の時間帯にしたいとのこと、私も8時前にクラブへ行きました。バイクでクラブに向かう途中、大さんは、もう瀬田川の上でした。
瀬田川も少し波立っていたので、ダブルスカルに乗ろうということになり、いつもと違うメンバーで、黒ちゃんと乗る事に・・・蹴りだし直後、みえちゃんずの皆さんから「艇が見えない」と言われました。そんなことは無いだろうと思いましたが、確かにいつもより沈んでいるように思います。後でわかったのですが、総重量は180kgを超えていました。
こんな重い艇でもボートは進みます。すごいですね。乗艇は約1時間15分で南郷往復。一号線〜セーヌの間はLP漕ぎ、往路は追風でレート24でしたが安定感がなくバタバタしていました。復路は心地よい北東からの風を受けレートを22に固定し、しっかり押す事を意識して漕ぎました。500mlのアクエリアスでは、水分も不足で最後は右手と右太腿に若干の痺れを感じてましたが、良い練習になりました。
練習の後は、全員集合作業。
FISAツアーの機材の片付けと、アネックスの屋根の掃除。屋根の上には枯れ葉が土になって溜っておりゴミ袋10袋以上。自販機のロング缶のポカリスエット1本では足らず、2本続けて飲んでしまいました。
一旦、帰宅してシャワーと昼食、少し昼寝をしてからは、再びクラブでFISAツアーの写真と動画を整理し、特別にお世話になった方へTシャツの送付。クラブの近くには、隠れ家の用に宅急便の配送センターがあります。平日なら夜の19時までに持ち込めば翌日に配送。(この隠れ家の存在を知らない人が意外に多いのです。)

IMG_0032写真は、FISAツアーでD1艇のクルーキャプテンを務めたオランダから参加のJeanetteさん