Headレースのハシゴをしてきました。
初日(10/31)は静岡県の天竜川での2000mコース内を周回する6000mでのHeadレースです。ここは、7年くらい前に長男の高校選抜で訪れています。まさかここのコースで漕げるなんてその時は思ってもいなかったので、感無量でした。
レース内容は、前日からの体調不良の寝不足(睡眠2時間)で少しきつく最後はF氏に追いついて差すはずでしたが、私が先にバテて逃げ切られてしまいました。
タイムもA氏に1分20秒も遅れて、30分23秒6という結果でした。
春の選抜の時期は桜がきれいなコースです。春の選抜は、応援に来ても良いなぁと昔を思い出しました。天竜の皆さんありがとうございました。
神通集合写真2日目(11/1)は富山県の神通峡で7000mの自然の中のコースです。天竜からの約8時間かけての移動の疲れは途中の下呂温泉で癒して、宿泊費1200円という超安い富山県漕艇場で熟睡できて、朝も余裕の時間があったので、体調は絶好調でした。今年でこのコースを漕ぐのも3回目、折り返し付近には新しい橋もかかり目印も増えたので、楽しく漕げました。
レース内容は、30秒前にスタートしたF氏と1800m付近で並んで直角カーブをインから追い越す作戦です。少しコース取りを誤って浅瀬に突っ込むところでしたが予定通りF氏を抜いていくことができました。折り返しでは、女子高生がターンをミスしていたので、声をかけながら抜かしてもらい。その後は女子高校生5艇に順次、「ファイトー」と声をかけながら抜いていきました。おかげで、タイムは35分19秒69でオープンの部で2位に入賞したA氏との差も46秒に迫る5位に入れました。お腹もへって豚汁をおかわりして3杯も食べてしまいました。
表彰式では、パルテ会の皆さんから中学生に特別賞「世界選手権DVD」という、粋な計らいもあり、楽しむことができました。
JINZU SPORTS CLUB の皆さん、ありがとうございました。
来年は、瀬田RC賞も用意して、さらに盛り上げたいと思います。

将来の夢は、15年くらい前に出張で訪れた事のある米国ボストンのチャールズ川で開催される世界一のHeadレースの「Head of the charles Regatta」で漕ぐことです!!

追伸:Headのハシゴから帰ってきて、2011 FISAワールドローイングツアー招致に向けての打合せでした。