10月3日 社内ボート大会(KF300m)が開催されました。
今年、私が率いるのは、ボートは初めての新入社員2名を入れたクルー「UAAA」で漕手の苗字の頭文字をクルー名にしています。(新入社員が考えました。)4名が一体となって「一艇ありて一人無し」を感じてもらうことを目的にしています。
しかし、大会の前日に、職場でシステムトラブルが発生し、急遽整調を漕ぐ予定のA氏が出漕できなくなりました。9月27日に一度練習をしてリズム感を掴んで頂けにレースを勝つには厳しい状況です。幸いシステム部門からの大会参加が多く、第1レースで予選を1着で抜けて午後の準決勝までレースのないクルーから、補漕してもらいまいした。
UAAA予選は1分34秒で2着です。初レースにしては腹切りもなく、マズマズです。力を入れすぎずに合わせて漕ぐことに集中させました。敗復は、スタートは出られたものの残り100mから足蹴りを入れてグイグイと相手を抜いて1分28秒で1着抜けで準決勝進出です。補漕してくたN君も良い練習になったようで、予選よりも力が抜けてストロークが大きくなってました。準決勝進出したのは嬉しかったのですが、N君が本来の自チームで漕ぐので、また漕手が足りません。
そこで、同じ敗者復活レースで2着落ちしたクルーの整調と契約です。実は大学ボート部時代のコックスで整調にはバッチリでした。
準決勝は、同じ職場のクルーと対戦。このレースも合わせて漕ぐことに集中しスタートは出られましたが、今度は中盤150mから足蹴りを入れて気持ち良く相手を抜いて1分24秒で1着抜けで見事決勝進出しました。
決勝は、スタートからゴールまで3位をキープで、タイムも1分17秒18と初心者クルーにしては、よくできた結果でした。全くの初心者を2名入れても「一艇ありて一人無し」の精神で入賞できました。(私的にはノーワークの少し強い漕ぎでした。)

勝因は、皆で一緒に昼食時に瀬田シジミ汁でパワーを付けたからでしょう!

(10/7 写真を追加しました。)