ドラゴンカヌー決勝(朝日新聞)昨年、途中荒天で中止となったドラゴンカヌー親睦大会が能登川カヌーランドで開催された。瀬田RCからは、一般の部と女子の部で各1クルーがエントリーした。
見事「瀬田漕艇クラブ」は、一般の部で優勝、女子の部の「瀬田ローくのいち」も準優勝という結果を残す事ができた。
私が乗艇した「瀬田漕艇クラブ」はカヌー経験者1名の指導の下、数年前から自艇も用意して練習を重ねていた。一昨年は4位、昨年も決勝に残れるタイムは出しており、優勝を狙えたが途中荒天で中止となり、今年の優勝は本当に嬉しかった。
今日の予選、準決勝は余裕で1着通過、予選タイムは2分26秒で予選1位タイムのNS-Unitedには6秒負けていた。しかし、準決勝では最後大きな漕ぎに変えて2分19秒をマーク。決勝のタイムも同じく2分19秒で2位のNS-Unitedが2分20秒。
決勝ではクルー全員の集中力も高く、太鼓手が太鼓のバチを折るくらいの勢いであった。
今年はカヌーの滋賀県体と日程が重なったこともあり、現役のカヌー選手チームは出ていなかったことで、NS-Unitedは本来のクルーでは無かっただろう。次は8月22日に開催される「びわこペーロン大会」に出漕予定である。

7/6付朝日新聞滋賀版>に掲載されました。写真右手前が私です。