最近仕事の日記ばかり・・・今日も祭日なのに・・・

グループネットワーク変更作業があるため出勤
珍しく変更作業がNGで切戻しになった。
幸い13日にも別件で計画停止があるので、
そのタイミングで切替作業をやり直す事とした。
原因は、クロスケーブル・・・
今日は、クロスケーブルで悩まされた。
GR−L3とTGIP−L3がSW間接続のためクロスケーブルが必要
久しぶりにLANケーブルを作ったが、テスタで調べるとNG・・・
一発で完璧に作成できないなんて・・・腕が鈍った・・・
それもRJ45プラグを3つも無駄にした。
無事にLANケーブルは作成してネットワーク切替

切替担当から新しいルートでのネットワークのリンクが上がらないと
連絡あり。ATM−TAの設定を担当しているSEは、一生懸命TA他
ネットワーク機器の設定を確認している。L1のアラームが出ているので
物理的な問題だと思うけど・・・

結局原因は、DSUとTAの間の接続ケーブル・・・
CAT5のLANケーブルで結線されていたので、調査中も普通のLAN
のクロスケーブル(1-2,3-6)では調査していたみたいだけど・・・

本当はLANケーブルじゃ無いよね。たまたまRJ45だからCAT5のUTPでも接続できるけど・・・
9日にDSUの設定をしてTAまでのケーブルを敷設したJTの技術者が来てやっとクロスケーブルは1-2,7-8であることが判明。(そんなの電話で言ってくれればすぐに用意できるのに・・・)

おいおい、3時間も無駄になったよ! とATMインターフェースのクロスケーブルの結線を確認できなかった私もチョッと恥ずかしいけど・・・
Atypeさんがいたら直に原因わかったんだろうなぁ・・

でも本当に最近のSEはPCに向かうのが殆どで、ケーブル敷設などが下手!
CEの作業かもしれないけど、ラックに機器を搭載する作業を行うのならケーブル配線も綺麗にしてほしい。ロウ引き糸で縫縛しろとまでは言わないから・・・

13日に予定されている作業でもケーブリングを綺麗にやり直させよう。
特にラック下の目隠し板あたりが、キツクてケーブルが可哀そう。

そうそう、他にもラック間を床の上にLANケーブルを這わして敷設する奴が未だいる。それも暫定措置の注意書きがあれば、まだ良いのだが・・・何も書いていない。これを見つけた私は、LANケーブルを抜いてやろうかと思うくらい半怒りモード・・・とりあえずやさしく担当者にメールしておいた。月曜日は、また出張なので電話でもフォローしておこう。